スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書き散らかして200回

愚にも付かない記事を書き散らかして200回・・・、一体何をしているんだか・・。とは言え、こんなブログでも読んでくださる方・コメントを寄せてくださる方がいらして、私にとっても書くことで思いを吐き出すというのか何か貴重な時間?存在?になっています。これからもぼちぼち書いていきます。


「勤める以外の何らかの手段で一日1万円を稼ぎ、月30万円の利益を上げてみよ」。当たり前だがこれは難しい、皆出来ないから何処かに勤めているのだから。私もセドリやらトレーディングやらで小遣い稼ぎをしているが、毎日確実に1万円、そして月30万円の収益なんてかなり遠い話に思える・・。一方、何処かに就職して勤めに出れば月30万円の給料は簡単(とは言わないが)に得られるでしょう、手馴れた仕事をこなして一月過ごせば確実に給料日が遣って来る。勤め先がある・・・ということは、これは凄いことなんじゃないか?とも思えるのです。だから、就職することは簡単ではない、必死な思いをして掴み取るもの・・と思えばこの就職難にも立ち向かえる・・・かも知れない。

我々中高年世代には、若い頃の刷り込みがある気もする。即ち、昭和50年代あたりまでは、特に問題の無い普通の生徒であれば高校卒業時に何処かしらの就職先があったと記憶している。その就職先も製造業を中心とした大企業・銀行・大手百貨店・鉄道などちゃんとした所が多かったように思うし、大学へ進めばより選択肢が増えた時代を見てきているから。

「就職なんて希望すれば大体通る・・」時代も確かにあったが、今やそれは幻・・・。

働いてお金を得る・・ということは当たり前に出来ることじゃなく、本当は難しいことだったようだ・・。



その難しいことを必死にやりながら家族を食べさせている中年親父は偉いと思う。だから私は常々ソフトバンクのCMを苦々しく見ている、何故親父役が犬なのか?^^

親父は大黒柱と呼ばれ尊敬される存在のハズじゃないのか?その点、昔の母親は偉かった。子供らに対し「お父さんが頑張って働いてくれるから、お前達は・・」と諭している光景があっただろう。


時代は変わり・・「お父さんは一家の大黒柱・・」  今やこれも幻かも・・。


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

庶民史

私は歴史の授業が好きではなかった、歴史そのものではなく歴史の授業が好きではなかった。何故って、退屈だから。平安時代だの安土桃山がどうだと聞かされても、ハッキリ言って御伽噺みたいに思えて興味を持てなかったね~。そんな事実だかどうだか分からない御伽噺まがいよりも、現代に通じる近代史あるいは昭和史のほうに俄然興味があり惹かれたものだ。

でも、学校じゃあ近代史はやらんわな。現政権・役所・社会の批判に繋がる部分が多いからな。権力の側は自分らに都合の悪いことは消すか隠すかだわな。

ま、それはともかく。

太平洋戦争敗戦までの日本人は大多数が貧民だったワケでして、口減らしと称して子供を女郎屋に売ったり山に年寄りを捨てに行ったりと悲惨な行為が横行していたんですな。学校に通わせてもらえず家業の手伝いや奉公に出るなんて当たり前の世の中だったんですな。これが日本人の庶民の歴史だと思うのです。

敗戦によって、ほんの僅かな期間だけ庶民にも光明が差した・・昭和20年代~バブルまでですかね~、長い日本の歴史から見れば一瞬とも思える「勘違い期」がありましたな~。

でもやっぱり民族性なのか、元に戻っちゃうんでしょうかね~、貧乏でヒイヒイいいながら生きるのが好きなんじゃないの?と勘ぐりたくなりますが・・。ドラマの「おしん」があれだけ好評だったのも、貧乏時代への郷愁・回帰渇望じゃなのか?・・・なんて


このところ、馬鹿なことばかり考えてます・・・。

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

彷徨

先日、作業員の方が我が家に見えられある作業をされて帰られた。たいした作業ではなく、決まりきったことを2時間くらいやるだけのものだが、見ていてちょっと考えてしまった。

その作業員の職に募集があったとして、自分が応募した際に果たして採用されるだろうか・・?と。

やることは簡単なのだ。熟練も体力も必要ないし危険でもない、資格は要るかもしれないが難関ではないだろう・・。

だが、工具や機器の取り扱い、PCで何やら設定したり調整したりと覚えること(理解は必要ないだろう)はありそうで、中高年を雇い入れてそれらをレクチャーする手間を果たして企業が掛けるかどうか・・。

若年なら見習いということでスタート出来るだろうし、教える側も教え易いだろう。


ある意味単純作業みたいな仕事でも、やはり中高年は敬遠・・と言うか忌避されるのではないか?

経験のある職種から弾かれ、未経験では相手にされず、単純作業では忌避される・・・、恐ろしいことだ。


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

徒然

我が家のHDD&DVD&VHS_レコーダーはアナログ対応機である。購入から数年経つがまだ綺麗なもんであるが、アナログ放送が終了では仕方ない・・今や再生専用機となってしまった。

同じ電気製品でも冷蔵庫・洗濯機・掃除機・照明・・・などは、AC100Vが来ている限り壊れるまで現役だ。たとえAC100Vが200Vになっても簡単に対応できるし、そもそもAC100Vは変わらないだろう・・そう、既得権のように。

他の品々・・自転車・包丁・テーブル・・・壊れるまで使える。


結論として、フォーマットが変更されたらお仕舞い・・はヤバイのである。

職業もそうである・・。

フォーマットなど関係ないか、強力な既得権に護られた職業でないと危なくて危なくて・・


そのうちゴミ集積場には、まだまだ使えるハズの品々が打ち捨てられるだろう・・。かつて最新の技術として世に出て働きに働いてきた結果がコレだ・・。

人もそうである・・。


我が家では件のレコーダーをまだまだ活かして使うつもりだ・・・。

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

掴もう

命綱・・・文字通り命をつなぎ留める為に絶対に放してはならぬもの・・。鳶職人ならともかく、サラリーマンの自分には関係ない・・・と思うなかれ。人それぞれ形を変えた命綱を握っている・・、知り合いの零細社長たちは何と言っても「客先」「お得意様」との関係を大切にする。それを失う=死ということを充分に解っているからだろう。それに引き換え、勤め人には暢気なところがあるように思う。雇用を有難く大切に思わないこともあるのではないか。私も自省しているが・・。

とにかく、今からでも自分にとっての命綱を1本でも多く掴もう。そして何があっても放さぬこと。

超円高・・・淘汰の時代は続く・・。

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。