徒然 2017_0224

北のブタ暗殺事件でマレーシア国は北のイチャモンに対し毅然とした対応をしていると思う。話が2転3転しているのは、単に情報が錯綜しているからだろう。途上国に分類されてはいても、芯のある国なんだろうと思う。

今回の事件が日本で起きたとしたら、どうなっていただろうか?何年か前にブタが密入国した際には、「事なかれ」を決め込んで何もせず帰還させてしまった前例からすると、毅然とした対応が出来るかは甚だ疑わしいのではないか。

今回の件でも、あるいは金賢姫の時も、日本人を(日本のテレビ番組を)語って犯行に及んでいることも見逃せない。非常に不愉快だ。この点、日本のマスゴミも政治家もあまり騒がないが、もっと問題視すべきだろう。問題にしたところで無駄かも知れないが・・。

北は支那の対西側カード・・と思っていたが、この関係も微妙に変化して来ているのか。核開発が完了した時点で、飼い主である支那の手を噛むかも知れない。不謹慎だが是非そうなって貰いたいものだ。

徒然 2017_0219

築地から豊洲への移転問題。小池、石原、その他でワイワイやっているけど、

ゼネコンの関与は無かったんですか?

どこの業者が施工したんですか?

マスコミは一切触れないね、どうして?

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

徒然 2017_0216

今、50代半ば。無事に過ごすとすると、あと20~25年は生きると予想できる。生命寿命=経済寿命なら良いのだが、そうではないので皆困っている。

・収入の見通し(雇用・年金・新規事業・その他)
・預貯金
・ローン残
・生活費
・介護負担
・医療費の増加
・教育費
・その他の出費

これらを勘案し見通しを立てなければならない。
生きている限り金がかかる。それに見合う収入を何時まで確保できるか?預貯金と不動産の売却で何とか賄えるだろうか?

一つハッキリ言えること。今のまま現状維持では破綻する。今の収入がフェードアウトするタイミングで別口をフェードインさせることが必須だが、それを私が出来るかどうか。

沖縄の無人島に裸で暮らしている爺さんがいるらしい。勝手にそんなところに住み着いて良いのかどうか知らないが、その手の自由人みたいな人になれたら金の心配から開放されるのだろうか?

まぁ・・10年20年先の世の中は貧乏人過多になって、世間体も何も考えること無いかも知れないな。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

徒然 2017_0212

ある競技スポーツの私塾を主宰しているので、若い人たちと交流がある。2回り、下手すると3回り若い人等とワーワー言いながら競い合っている。学校や実業団ではないので、集まる若者の属性は様々。彼らの社会人人生はこれから。若さが眩しい。既に社会人として黄昏時を迎えようとしている私からすると、色々とアドバイスしたい、お節介を焼きたいところなのだが、それはしないことに決めている。相談を受ければ話は別だが、私の様な凡人が差し手がましいことはしないようにと慎んでいる。

若いうちから世の中を知って上手に漕ぎ出せる若者もいれば、そうでない者もいる。それは仕方の無いこと、経験上、周りの大人が何言っても響かないと思う。凡人は経験しないと解らないものだ。

人生はヤリ直しがきかない。過ぎ去った若い日々はもう戻らないのです。だから、日々を精一杯生きる・・とか言うのですが、そんなことは過ぎてみないと解らないでしょう。

彼らと接する度にそんなことを考えている。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

徒然 2017_0211

昨日、宝くじ(ロト6)を買おうと思って売り場に行ったら、数人が並んでいたので買うのを諦めました。並んでまで・・・だからです。でも、皆、一縷の望みを宝くじに託しているんですよね。5億6億当たったら・・・当たった時のことを想像して、今の苦境を遣り過ごしているんですね、皆さんも。今の生活からの脱却、人生の一発大逆転を夢見て並ぶんですね。これからどんなに頑張ったって、どんなに働いたって先は見えてますもんね。

どうします?当たったら。「先ずローンを返して・・・」なんてケチなことは言いますまい。どうでもイイんですよ、そんなことは。

私は・・身体のメンテが先かな。気になっている所を検査して治療するかな。それからゆっくり考えるよ。笑
でも、中高年には多くの時間は残されてないですからね、ボケーっともしてられませんね。「誰にも返事をする必要がない生活」が待っている・・・。まぁ返事くらいしますが、義務ではなくなるんでしょう。これは魅力的です。

もし億の額に当選したら、このブログの読者さんたちと初のオフ会を開くよ。美味い料理に美味い酒を振舞うことを約束する。楽しみにしていてください。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村