スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒然

人は「十人十色」などと言いますが、こと就職に関しては「雇われる人」が大多数ではないでしょうか?雇われる人=勤め人と言っても様々で一概には語れませんが、その中で「一般的なサラリーマン」が占める割合はやはりかなり高いと思うのです。

一方で、勤めないで生計を建てている人・短い間勤めたが独立した人・・等々、非サラリーマン(志向)も結構な数が存在しますが、両者の違いは何に由来するのでしょうか?

家業継承なんかも必ずしも継ぐわけではありません。また、無一文でも勤めに出ることを拒否する人も居るでしょう。

やっぱり  の違いでしょうか?

もし脳の違いによるものだとしたら、長年サラリーマンでいたものの止むを得ず苦し紛れに脱サラした・・・なんて場合はかなりのストレスを抱えて苦しむか、適性を欠いて失敗に終わる・・なんてことになりはしないか・・。


今や中高年男性にマトモな再就職の口は無く、ある程度の収入が要るとなれば自分で何とかするしかない状況にあって、起業の成否は資質・適性に依る・・なんて言われたら哀しいですね。

実際・・どうなんでしょうね。

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

正直者

よく使われる慣用句に「正直者が馬鹿を見る」というのがある。私も、「アンタは正直者なの?」と問われればかなり微妙ではあるが、このブログ上あるいは実生活において憤慨しながらよく用いるし、多くの中高年諸氏も同じだろうと想像している。

しかし、後輩のH君に言わせると「ここで言う正直者とは従順に生きるしか成す術を持たない人々」なだけ・・だそうだ。要領良く或いは不正まがいをしても甘い汁を吸えないものだから「正直者が馬鹿を見る」と騒ぐが、立場が変われば「平気な顔して甘い汁に群がるに違いない」と喝破する。

まぁ、確かに・・。

私より上の世代で常識のある人ならば、「H君、世の中そういうもんじゃないんだよ」と嗜めるかも知れない。でも私はH君の意見を否定は出来ないな、「否定できない」というのは積極的に肯定はしたくないが・・・ということだが・・・。

集団の上に立つ者が、「人間とはご都合主義で生きる実に嫌らしい生き物」と信じて疑わない人だとしたら下の者はたまったものじゃないな・・と思う。そういう経営者・指導者って増えているんじゃないか?と感じるのだが・・。


「世の中そういうもんじゃないんだよ」の感覚は衰退し、「だって実際そうじゃん」みたいな世の中になってしまった・・、それが正直な見方かも知れない。もしかすると正直者の意味まで変わってしまったのか?と思わずにいられない・・。

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村


徒然

ある大型商業施設内にある飲食店のスタッフは大部分が中国人である。街の中華屋なら驚かないが、それなりの規模の会社が運営する飲食店でも中国人スタッフが就労している。

この間訪ねた会社にも若い中国人の営業が居た。

彼ら中国人労働者が、中華料理店とか飲食店・3K職場をメインに就いていた時代は去り、今や普通の会社で普通に事務や営業、工員などとして働く時代が到来した。

コックや芸能・スポーツ選手などの専門職なら話は解るし、結構なことだと思う。

だが、当に移民のように普通の職場で普通に就労するのを安易に許容していいものだろうか?私は国粋主義者でも何でもないが、少子高齢化+無能政治家の跋扈と相俟って国の行方に不安を感じ、現状を憂えるが・・。

「これからは国際化が云々」「海外に目を向けて」などと云われて、外国人を雇用するのがある種ブームのようになっている節がある・・。


従って、就職ヒエラルキーでは完全に 中国人>>日本人中高年男性  になっているのではないか。

別に追い出せとか入国させるなとか言うつもりは無い。しかし、この安易な風潮は如何なものか・・。

まぁ、この変わり身の速さが日本国の身上なのだろうが・・。

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

自問・他問

皆さんにも聞きたいのだけど、もし自分に機会が巡ってきたとして「それに賭けられますか」?ということ。

機会・チャンスと言っても「夢のような幸運」じゃなくて、もっと現実的な・・・。例えば「前々から何となく興味があった商売を、知人の知人くらいの間柄の人から100万程度の出資で引き継ぐ」とか、「親戚の叔父さんが経営している零細会社を、叔父さんの引退を機に社長を任される」とか。

環境や条件等様々だが、「ある程度挑戦というか賭け的な要素があって、決して楽は出来ない」みたいな状況だとしたら?


どうです?  皆さん、それに乗りますか?  いや、乗れますか?


別に現在私にそういう話が有るワケじゃないです。単なる馬鹿話です。


まあ、詳細がハッキリしないと答えられない・・でしょうね。失業中で何にもアテがなくても「詳細がハッキリしないと答えられない」と言う人が多いんだと思います。

多分、私もそうです。何にもアテが無くニッチもサッチもいかない状況のクセに、何だかんだ言って挑戦しない・・・。公務員はともかく「何処かに勤めていた方が楽」な時代じゃないことは解っているのに・・。

染み付いたサラリーマン根性・・・ベンチャースピリットの欠如って、ホントに鬱陶しいものです。



実はかなり以前「そういう話」を貰ったことがあります。その時は私も独立していてそこそこ順調な状況であったのと、仕事以外の欲もあった時期でしたので「更なる拡張の機会」を見送りました。それについて後悔はしていません、だって失敗する可能性だってあったんですから。

今思うと「やっぱり自分は仕事人間じゃーないな、実業家みたいな人種じゃないな」ですね。単に臆病な怠け者なのかも知れませんが。



にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

セシウムさん

ニュースによれば、宮城で獲れた野生のイノシシからセシウム検出 だとか・・。
当局者のコメントとして「雑食のイノシシが屋外で取った餌にセシウムが含まれていたのではないか」などとあるが・・。

このニュースは単に「野生のイノシシからセシウムが出ましたよ、食べないでくださいね」と云っているのではなく、

あの辺は何から何まで汚染されてますよ

と云っているも同然だ。

ハッキリ言って、人間もなのだろう?  人権問題だプライバシーだと何だかんだ言い訳をして触れたがらないが、牛やらイノシシなんかよりも人間の検査が先じゃないのか?問題があれば一刻も早く治療や対策をしないと。

ヨウソやセシウムの話ばかりだが、プルトニウムはどうなのか?検査しているんだろう?問題を伏せ直視せず先延ばしにして更に悪化させ、どうしようもなくなってから「仕方ないですね」と結論付ける悪い癖・・・これは日本国の持病か?



スーパーで今旬の桃がセールだった。大ぶりで美味しそう・・しかも安価・・3個購入。でもあまり売れている感じじゃない・・。

福島県産とあった・・。

風評被害打開のために、県知事自ら東京の青果市場に出向き売り込み活動・・・とニュースで聞いた。県産品の相場下落が著しく、震災+放射能+風評被害の三重苦にあえぐ人々に追い討ちを掛けているとか・・・。

やっぱり相場下落なんだぁ・・。やれ復興だ支援だ言っても、買わないんだよ。募金はしても買わない・・・ある意味、正直なんだなぁ。まぁ、税金で補填ってことに表立って反発しないから許して・・・って所だろうか。

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。