スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなドングリだ

私は「面接官」という言葉を使わない。「面接担当者」または「採用担当者」と呼ぶことにしている。何故「官」なの?役人でもないのに・・・。


そんなことはどうでも良いのだが、このブログを読んで下さっている皆さんは就職活動にて「会社訪問」「面接」を数多く経験されていることと思います。そこでお尋ねしたいのだが、面接を受けてみて

・相手担当者が、自分が敵わない程優秀そうだ・この会社は自分にとって敷居が高そうだ・この人たちに混じって働くのはキツい(ブラック的な意味じゃなく)

の様に感じたことってあります?

私は無いですね。そろいも揃ってボンクラばかり、とは言いませんが特段オーラを感じるような担当者にはお目にかかった事はありません。

要は、皆普通の人達だってことです。

彼らが面接をする側で、こちらがされる側なのは偶々です。社会情勢とか産業構造の変化によって偶々振り分けられたに過ぎません、優秀と馬鹿の違いからではないのです。

そもそも世の中の仕事、とくに会社員の仕事などで特別な才能とか能力を求められることは極めて少ないでしょう。大部分の業務は慣れと人間関係でこなせるようになっているハズで、またそうでないと困るのです。人によって向き不向きは当然あります、自分の特性に向いた職業職場に就けた人は幸福ですし、逆は残念なことです。一般人の能力なんて、多少の高低はあってもドングリの何とやらだと思えて仕方ありません、喝采を浴びるエリートだって実は変態だったりするんです。

こんな感じでいるから、生意気な態度に見えてお祈りされるのでしょうか・・・。

でも、そう考えておれば失業中だからといって、卑屈になったり自己嫌悪に陥ったりというような無駄な心配をせずに済むと思うのです。

自分の特性を良く把握し、向いてそうな職業職場を見つけたら無理矢理にでも入り込む・・・、そうすれば自然と良い方向へ転がると思うのです。

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

同意。みんなフツーのおっさんだったり、場合によってはおにいさんだったりおねえさんだったりします。雇用格差を実感しますねぇ。でも謙虚に接しないと落とされちゃいますから気を付けて(^^;)。

Re: No title

ウィルさん、いつもコメントありがとうございます。

私はこの歳になっても器用に立ち回ることが出来ず、
情けない限りです。正直者って駄目なんですかね~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。