スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最悪な1年

平成23年は昭和20年以来の最悪な1年でした。大震災・原発事故・円高・自殺・・・、欺瞞と傲慢・利己主義が蔓延した社会は醜く歪み恐らく自浄しないだろう。明日への希望があった分、戦後のドサクサ期のほうがマシだったのでは?なんて言ったら年配層に窘められるだろうか・・。

私自身も職業人生の中では最悪な1年でした。まぁ、これは身から出た錆でしょうから自分で消化するしかありませんが、何とかして今一度浮かび上がりたいものです。


話変わって、仕事帰りに繁華街を通るのですが、パチンコ屋や飲食店の呼込み・サンドイッチマン・安売りショップ/コンビニの店員・ティッシュ配り・・・・・のような仕事に就いている若者を数多く見ます。誰がどんな仕事をしようが自由で、他人がどうこう言うことは無いのは承知していますが、そういう類の仕事しか選択肢が無い人がいるのは確実でその将来はどうなるのでしょうか・・。今の中高年失業者よりも更に悲惨な感じが・・。

世の中、職業に貴賎はあるワケです。理念としてはともかく、現実を見れば職業に貴賎はある・・。

今日もパチ屋やピンク店の呼込みがサラリーマン風の中年酔客を引いているでしょう、何だかすごく若者に申し訳ない気がします。富裕サラリーマンはせいぜいお金を落として罪滅ぼししましょう^^

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

昭和20年の再来ならまだいいが

今年が昭和20年の再来な年であるなら不幸中の幸いと言うか、まだ救いがあると思います。

個人的見解ですが、今年は昭和20年の前⇒つまり昭和19年の再来のような嫌な予感がします。

因みに昭和19年はどんな年だったかと言うと
http://ja.wikipedia.org/wiki/1944%E5%B9%B4
もちろん太平洋戦争中で、日本の敗戦がほぼ決まった年でしたが、空襲の被害はまだ軽微で、困窮しつつあったものの一応は平常な生活が送れていた状態です。
陸海軍の戦力は大きく低下していましたが国内での組織力はまだ健在で戦争完遂を叫んでいた頃です。

今年に比喩してみると・・・
格差社会の中で国民は生活水準を下げながらも日常生活を送っていた、方や官僚組織は安泰で賃金はもとよりボーナスも安泰、天下りの道もしっかり確保。

こんな感じでしょうか?

因みに昭和19年には三重県を中心に地震と津波で大きな被害を出した東南海地震が発生しています。

縁起が良くありませんのでこの辺りで止めておきます

Re: 昭和20年の再来ならまだいいが

MNNさん、コメントありがとうございます。

そうかも知れませんね、何だかんだ言っても世の中浮かれている
感じですし・・。
まだ底じゃない、地獄への一里塚・・・とかね。

それでも昭和20年以降で最悪の年だったとは思います、
この先どうなるんでしょうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。