スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒント

今更言うまでも無いが中高年男性の再就職は極めて厳しい状況である。その人の能力や経験とは関係なしに、職そのものが無い為である。世の流れなのでどうにも止められないが、だからと言って野垂れ死にしたくはないので皆必死になっているのである。

ハナから大企業や役所への再就職は無理、良くて中小や派遣、現実的なところで零細を目指すことになるのだが、それさえも容易ではない状況は皆さんご承知の通りである。現場の人手は既に足りているし若者が台頭している。仕事の中身も進化し中高年の「昔とった杵柄」は通用しなくなっている。

ではどうしたら?ということになるが、現在まで幾つかの零細企業とお付き合いさせていただいている者として、中高年が零細を狙う場合の勘所を述べてみたい。場合によっては何かヒントになるかも知れない。

一般に零細会社というのは、一人何役というように慢性的な人手不足ですから食い込むことは出来るのです。で、どの部分に食い込むかですが、多くの零細は会社としての第一義的な業務・・例えばモノ造りの会社であればモノ造りそのもの(設計や製造現場の実作業)はちゃんと出来ているのですが、それらをサポート・保証する業務・・例えばQCや工程管理なんかはお粗末な所ばかりです。スッタモンダしている会社が多いですね。

そりゃそうです。大手はそれ専門に人員を割く業務なのに、零細には余裕が無いからです。そういう部分のお粗末さを気にしている零細社長は多い・・・と言うか私の知る零細社長全員がそんな感じです。外様の私にさえQC担当の依頼があるのですから・・。

だから中高年が食い込むとしたらここら辺かな~と。ハッキリ言って現場の最前線は中高年を求めていません。逆にサポート的業務は中高年向きかと思います、大企業のそれとは違い所詮零細の業務規模ですから難易度は大したことありません。数冊の専門書を読み込むくらいで務まるんじゃないかとも思います。

それらの業務には最新技術もヘッタクレもありません、昔から同じようなことで躓き其の都度似たような対応をしているに過ぎません。ただ、ストレスは感じるでしょう・・。

ですが、金の為と割り切れば案外楽に過ごせるんじゃないか?とも思うのです。

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。