スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生贄

既に世の中  駄目な中高年男性がどうなろうと構わない・仕方が無い   という認識が定着しているかのようです。そして、それら駄目な中高年男性の持つ資産、将来得られたであろう利益を勝ち組で食ってしまおう。それは競争社会の常識で当然のことだ、駄目な奴が悪いのだ!!

という世の中になっている気がしてなりません。仕事も無く身包み剥がされて路上の民となるか、最低限度の生活を余儀なくされる・・・なんてことが我が身に降りかかるかも知れません。戦後のドサクサ期のように、大変だったが希望もあった  ならマシでしょうが、そうはならないでしょう。

現在、4.50歳代の失業中高年の今後10年20年は生き地獄になるかも知れませんよ、何せ国や企業のリーダーたちは冒頭に書いたような考え方の連中ばかりに見えますから。年金や社会保障費のことを考えれば、「サッサと死んでくれ」と思っているかも知れませんね。勝ち組が生き残るための生贄にされたのでは、たまったもんじゃありません。

世の中の上の方で競い合っている人たちの目には、底辺で苦しんでいる人々のことなんて映らないのでしょう。何が目的で事業拡大やら覇権を目指すんでしょうかね?  「自分の理想を追求する」とか言いますが、他人の迷惑顧みずなんでしょうかね?明らかな法律違反以外は何でもアリって姿勢は実に嫌らしいと思うのですが。

まぁ、強欲資本主義・利己主義のなせる業なんでしょうが・・。

自分は安全な位置に居る、と思っている人は弱者に冷たいか眼中にありませんからね、そんな連中に頭を下げたって無駄ってもんじゃないでしょうか?

何時の時代も人を見る目は大事だと思いますが、今は特にそう思います。生き死にの問題になりますから。

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。