スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自問・他問

皆さんにも聞きたいのだけど、もし自分に機会が巡ってきたとして「それに賭けられますか」?ということ。

機会・チャンスと言っても「夢のような幸運」じゃなくて、もっと現実的な・・・。例えば「前々から何となく興味があった商売を、知人の知人くらいの間柄の人から100万程度の出資で引き継ぐ」とか、「親戚の叔父さんが経営している零細会社を、叔父さんの引退を機に社長を任される」とか。

環境や条件等様々だが、「ある程度挑戦というか賭け的な要素があって、決して楽は出来ない」みたいな状況だとしたら?


どうです?  皆さん、それに乗りますか?  いや、乗れますか?


別に現在私にそういう話が有るワケじゃないです。単なる馬鹿話です。


まあ、詳細がハッキリしないと答えられない・・でしょうね。失業中で何にもアテがなくても「詳細がハッキリしないと答えられない」と言う人が多いんだと思います。

多分、私もそうです。何にもアテが無くニッチもサッチもいかない状況のクセに、何だかんだ言って挑戦しない・・・。公務員はともかく「何処かに勤めていた方が楽」な時代じゃないことは解っているのに・・。

染み付いたサラリーマン根性・・・ベンチャースピリットの欠如って、ホントに鬱陶しいものです。



実はかなり以前「そういう話」を貰ったことがあります。その時は私も独立していてそこそこ順調な状況であったのと、仕事以外の欲もあった時期でしたので「更なる拡張の機会」を見送りました。それについて後悔はしていません、だって失敗する可能性だってあったんですから。

今思うと「やっぱり自分は仕事人間じゃーないな、実業家みたいな人種じゃないな」ですね。単に臆病な怠け者なのかも知れませんが。



にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

はじめまして

いつも拝見しています。
私の夫も同じような境遇にあります。
私も同じ時代を生きてきたので、おっしゃることよ~く分かります。
以前からコメントしようと思っては、文才がないので躊躇っておりましたが、今日は思い切って。

私たちのような状況下で、このようなお話が舞い込んだら、渡りに船と飛びつく人はいるでしょう。
でも今は、どんな商売も大変な時代です。
まず手持ちの資金がある程度ないと、引き継いでも先は目に見えているように思います。
もし夫がそんなこと言ったら、ぜったい反対するでしょうね。
「だからお前はサラリーマン根性なんだ!!」って怒られそうです。


おはようございます

初めて投稿いたします。
現在では、働いてる人のうちサラリーマンが80%という世の中ですが、戦前から昭和30年ごろまでは、サラリーマンというか勤めている人の割合は全体の30%だったそうであります。
あとは皆、自営業。
なんとなく、徐々に昔に戻ってるような気がします。

Re: はじめまして

ねねさん、コメントありがとうございます。

当ブログはコメント歓迎ですので遠慮なくどうぞ。
本当に厳しいというか世知辛い世の中になりました、
むしろ今が世界標準なのかも知れませんけど・・。

苦しい状況だと判断力が鈍って、チャンスの見極めが
できなくなるのが怖い・・。な~んて言うのも逃げ口上
かも知れません。笑

Re: おはようございます

名無しさん、コメントありがとうございます。

>戦前から昭和30年ごろまでは、サラリーマンというか勤めている人の割合は全体の30%だったそうでありま
>す。

起業も未発達でしたし、農業・漁業人口が多かったんでしょうね。昭和30年代初め頃
だと団塊はまだ働き始めていませんし。
今後、どうなっちゃうんでしょうね?ヨーロッパのように
なれればマシですが、果たして・・・。

FC2にも開設しました

いつもブログ拝見しています。
さて私事ながらyahooブログの機能がイマイチの為、本日よりFC2に仲間入りさせていただくことになりました。当面は両方をうまく棲み分けさせて維持していきたいと考えています。更新頻度は落ちるかもしれませんがよろしくお願いします。

Re: FC2にも開設しました

withmiddleage(akey)さん、こんにちは。

そうですか、そのほうが私からもコメント入れやすく
なりますね。楽しみにしています^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。