スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書き散らかして200回

愚にも付かない記事を書き散らかして200回・・・、一体何をしているんだか・・。とは言え、こんなブログでも読んでくださる方・コメントを寄せてくださる方がいらして、私にとっても書くことで思いを吐き出すというのか何か貴重な時間?存在?になっています。これからもぼちぼち書いていきます。


「勤める以外の何らかの手段で一日1万円を稼ぎ、月30万円の利益を上げてみよ」。当たり前だがこれは難しい、皆出来ないから何処かに勤めているのだから。私もセドリやらトレーディングやらで小遣い稼ぎをしているが、毎日確実に1万円、そして月30万円の収益なんてかなり遠い話に思える・・。一方、何処かに就職して勤めに出れば月30万円の給料は簡単(とは言わないが)に得られるでしょう、手馴れた仕事をこなして一月過ごせば確実に給料日が遣って来る。勤め先がある・・・ということは、これは凄いことなんじゃないか?とも思えるのです。だから、就職することは簡単ではない、必死な思いをして掴み取るもの・・と思えばこの就職難にも立ち向かえる・・・かも知れない。

我々中高年世代には、若い頃の刷り込みがある気もする。即ち、昭和50年代あたりまでは、特に問題の無い普通の生徒であれば高校卒業時に何処かしらの就職先があったと記憶している。その就職先も製造業を中心とした大企業・銀行・大手百貨店・鉄道などちゃんとした所が多かったように思うし、大学へ進めばより選択肢が増えた時代を見てきているから。

「就職なんて希望すれば大体通る・・」時代も確かにあったが、今やそれは幻・・・。

働いてお金を得る・・ということは当たり前に出来ることじゃなく、本当は難しいことだったようだ・・。



その難しいことを必死にやりながら家族を食べさせている中年親父は偉いと思う。だから私は常々ソフトバンクのCMを苦々しく見ている、何故親父役が犬なのか?^^

親父は大黒柱と呼ばれ尊敬される存在のハズじゃないのか?その点、昔の母親は偉かった。子供らに対し「お父さんが頑張って働いてくれるから、お前達は・・」と諭している光景があっただろう。


時代は変わり・・「お父さんは一家の大黒柱・・」  今やこれも幻かも・・。


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

更新を楽しみにしています

はじめまして。
RSSでチェックし、
更新された記事を楽しみにしています。
暗い世相ですが、
こちらのブログを訪問するのは
数少ない楽しみです。


No title

継続は力なり、では無いですが続けることはいいことです。お互いがんばりませう!

>「勤める以外の何らかの手段で一日1万円を稼ぎ、月30万円の利益を上げてみよ」。

これはまさに自分のことですが、若くて景気が良かった頃はそう大変でもありませんでしたしが、雇用環境や労働環境が激変してしまった上に、景気悪化で本当に難しくなっています。

>時代は変わり・・「お父さんは一家の大黒柱・・」  今やこれも幻かも・・。

父親の月々の給料で成り立っていた家計も、女性の社会進出でイーブンになって、どんどん家庭における父親の役割も細り、男の’立つ瀬’がなくなっていますね。一般的に自分より稼ぎのいい女性とは結婚しにくいし、デート代を男が払える時代でもなくなっているとききます。当然、「そろそろ結婚しない」と女性にせがまれても男は一歩を踏み出せないのかもしれません。貯金もなくて結婚はできませんし、そんなことで晩婚化が進むのかもしれません。だから、逆に出来ちゃった婚ばかりが急増しているんだと思います。結婚にYESといわない男への女の側の強硬手段とでもいいましょうか。

行政はいまも男女共同参画を大々的にうたっています。産休や男の育児休業も行政では積極的。一度出来た制度はなかなかひっくり返らない。公務員の労働環境は中小企業からすればほんとうに天国です。

Re: 更新を楽しみにしています

3391さん、コメントありがとうございます。

こんなブログを楽しみにしていただき
恐縮です。書く励みになります。
コメントも大歓迎ですので今後とも宜しく
お願いします。

Re: No title

akeyさん、コメントありがとうございます。

世は無常ってことですね、どんどん変化していってます。
特に男にとっては生き難い状況かと。
馬鹿親父でも何とか格好が付いた時代は遠くなり、
結婚しないとか子供を儲けない若者が急増中の
国になってしまった。嗚呼それなのに国や企業の
リーダー達は私利私欲しか頭に無い・・。
どうしようもありません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。