スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この先2

人それぞれに抱えている事情とか立場に違いがあって、仕事とか失業とかに対する考え方や行動は一定しない。しかし、ひとつ確かに言えることは、「この国で人並みの生活を営もうと思ったら、それなりの金が要る」ということ。従って、借家住まい(≒ローン残あり)且つ無年金(≒国民年金オンリー)且つ資産・頼れる先の無い人が人並みに暮らしていこうと思ったら、死ぬまで働くしか無い ワケです。

で、年老いて働くのも嫌ですがそれ以前にやる仕事が無い状況なワケでして、それではあの世に行くか路上に出るしかなくなります。笑い事ではなく、昨日新宿に出かけたのですが大勢の路上の民を見かけました・・。

政府は定年年齢の引き上げを目論んでいるようですが、これは年金の出し渋りの言い訳に過ぎず、それ以前にリストラされたり会社が飛ぶ可能性だって大有りですし、第一営利企業がロートルを雇い続けるとは思えません。現代企業の基幹的社員の仕事は、複雑化・システム化・細分化しており、またサラリーマン社会も人間関係で動いているので、新参の中高年が仮に入れたとしてもやっていくのは厳しい・・だから求人も無いのでしょう。従って枝葉末節的な作業員の仕事に就くしかなく、それは安価で不安定な立場ですが我慢して働くしかありません。

じゃあ自営か と言ってもそれはそれで簡単な話ではありません、資金とかの問題に加えて向き不向きも大きいと思いますし・・。

そんなことを考えながら時間だけが過ぎてしまい、流されてしまうのは恐ろしいことです。昭和の時代のように社会全体が上昇している場合は、流されていても良かったんです。現代はどこかで決断・決意しなくてはいけませんが、多くの日本人特にサラリーマンで来た人には最も苦手なことではないでしょうか?

多くの人を下流に押し流そうとしている風潮・・・これは間違いないと思いますよ。

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

>昨日新宿に

当方は池袋でした。

今度、情報交換できると良いですね。 

大きな流れとしては、前回の徳成令、大恐慌の流れを視野に入れる必要もあるようです。巨額の不良債権が積み重なっていくことだけは事実です。

現代のリーダー層は恐慌のメカニズムや対策を全く理解していないのも一種の歴史の必然かもしれません。

また、そもそもルーズベルトにしても西郷南洲にしても正しかったか、間違っていたかという歴史的決着は着いていないとのことです。ただ、歴史という大きな流れがあって人々の営みが押し流されていくものかもしれません。

無職に老後の心配なし

先日、知合いの父親の年金額を聞いて驚きました
かつての働く自分の年収より、多かったです
その方はごく普通のサラリーマンで、年収も驚くほど高いわけで無かったそうです
ただ、ずっと厚生年金だったそうですが・・・

人口過多な団塊世代の年金受給が、間もなくです
そしてその子供世代が年金受給の時は・・・受給試験でもして淘汰するしかないかも

その前に生きるための職にありつけなければ、年金など心配する前に、消滅しなければならないかもしれません

No title

金がないとどうしようもないですね
全くです
最低限家賃込みで10万ぐらいでしょうか
以前一人暮らしでそれくらいで生活していましたが
その金すらも稼げないとなると路上になるのでしょうか
せめて住むところがあれば月に5~6万でなんとかなるんですがね
仕事が無いとどうにもなりませんね

Re: タイトルなし

PCDさん、コメントありがとうございます。

大きな歴史の流れ、時代の変化などを考えますと個人の事情など
ちっぽけなことで、どうでもいい訳です。大所高所と言いますか
そういう感覚だけで物事を進められては弱者はたまったものではありません。
時のリーダーにはもう少しバランス感覚を養ってもらいたいものです。

Re: 無職に老後の心配なし

琴音さん、コメントありがとうございます。

現役時代よりも更に差が付くのが老後の保障です。
年金や恩給・保険など、どの職業が有利なのか・・。
こういう伏せられた事情は、早く気づいた者から得します。
受給時期になって慌てても「馬鹿呼ばわり」されるのが落ちの
ように思います。日本とはそういう国・そういう民族なのですね。

Re: No title

おっさんさん、コメントありがとうございます。

おおっぴらに金の話をするのは卑しいこと。
金は結果として自然と付いて来るもの・・
金については奥ゆかしいことが良しとされる。

表向きとは裏腹なのが現実ですね。

No title

今の時代、金が無いと人間扱いされませんね。
ただのゴミ同様に扱われる。
こうなる事は、うっすら予想はしていましたが

私も、死ぬまで働く口です。
考えただけでも「ゾット」します。
この歳で、馬鹿 アホと罵声浴びせながらも
働いていかなければならないんですね。

そういう生き方を選択したお前が悪いと言われれば
そうですが、会社にいる時はそこまで視野に入れて
決断できる人は余りいませんよ。
ただ、時間に流されるのが得意なのが「サラリーマン」
ですからね。

どうなることやら・・・ただ枯れて行くのみ?




サラリーマンから独立心だとか気概だとか、そういうものも企業は奪っているんです。

だからサラリーマンが嫌なら独立しろというのは話が違うんです。

最大の問題は普通の人が普通に働いて普通に暮らせる社会が当たり前にあることです。

共産主義はソ連が崩壊したことでダメなことが立証されているとかちょっと経済を勉強した人はよく言うけど、ソ連なんて、共産主義でも何でもないからね。共産主義を正しく理解して欲しい。

日本の共産党も正しくはない。けれど自民党よりははるかにましだ。

Re: No title

56歳でリストラさん、コメントありがとうございます。

日本社会は何事も伏せるのが好きなようです。
早く気づいた者から救われていきますね。
60歳過ぎて生活していくだけの賃金を得られるかどうか?
結構厳しいんじゃないかと思います。

Re: タイトルなし

アガペーさん、コメントありがとうございます。

私は日本は共産国だと思っています。
会社単位では完全に共産でしょ?

リーダー次第では日本国は共産国家として
成功したかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。