スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとり親方2

「ひとり親方業」について色々と書くつもりだったんですが、ちょっとボリュームがあり過ぎて私の文章力では焦点のボヤけたものになる気がするので今回は手短に書きます。

「ひとり親方」は職人に限らずあらゆる職業に居るとおもいます。大企業は勿論、役所や公団みたいな職場にも居るくらいですから。派遣だ非正規だとマスコミが騒ぎ出すずっと以前から「ひとり親方」は社会に組み込まれていて、中高年なら自分の知人や在籍している(していた)職場に「そういう契約で働いている人」の一人や二人を知っているのではなかろうか。それくらいポピュラーな働き方だと思う。

実際、メリット・デメリットあるわけですが、これまでデメリットとされてきた事柄が気にならないくらいに、中小・零細企業の正規雇用の実態が酷くなっている現在、「ひとり親方」で働くくらいのことはリスクでも何でもない状況だと思うのです。そもそも零細にさえ雇用されないですし・・。

ただし、向き不向きが確実にあるので誰にでもお勧め出来る働き方ではありません。


まぁ、自分がそういう働き方に落ち着いたから言うのではありませんが、この先それ程長くない職業人生を考えた時、この経済情勢・雇用状況では何になったって苦しいでしょう。たとえ中小に拾われたとしても先は知れていると思うのです。

「ひとり親方」にはメリットも少なからずありますから、それを享受しつつセカセカと働こうと考えています。


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

いやあ、独立してやっていくのって
大変だと思います
すばらしいです

Re: No title

山口ジジイさん、いつもコメントありがとうございます。

私の場合それしか途が無かったので・・。
こういう御時勢ですし、どうにでもなれと^^

ジジイさんも勝負ですよ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。