スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ち時間にて思うこと2

面接担当者がよくする質問に、「あなたの短所は?」がある。これに対する模範解答は既にネット上で言い尽くされており、今更こんな陳腐な質問を投げてくる担当者の質は低いと言えるだろう。

まぁ質問されれば答えるが、意外にも私は正直に答える  「度胸が無いことです」 と。

「私に度胸があったらこんな所へ来てませんよ。失業と同時、あるいはそれ以前に店でも出してます」   とは言わないが、そういうことである。

勝手知ったる業界・職種に愛着はあるが、しがみ付いてまで残りたいとは思わない・・、一度限りの人生、挑戦してみたいことはある。

挑戦してたとえ敗れても「自分はやったんだ」という気持ちになれるのではないか?底辺仕事に就くのはそれからでいいではないか。現実は厳しく簡単に成功は出来ないだろう、でもそれは業界に残っても同様、むしろ先行きを考えれば雇われの身のほうがリスク大かも知れない。

前に記事に書いた・・・「自分で判断を下す」   結構、難しいものだ・・。

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

入社するためには、いいことを言わないといけません
しかし、あまりにウソごとを言うと、
入れても、苦労しますというか、
辞めなければならないことも
難しい問題ですw

Re: No title

山口ジジイさん、いつもコメントありがとうございます。

嘘は駄目ですが、ハッタリならOK.
面接結果はお互いの責任と思っています。
でも、苦労はしたくないですが・・。

そのとおり!

こんにちは。
全く同感です。
私は去年、独立したいと考えていました。
でも周囲の猛反対にあい、就職活動をしています。
契約社員や派遣として良いように使われ、3年ルールにより50越えた頃に契約切れ→また職探し。
そんなスパイラルで残りの人生過ごしたくないのですが、現実問題、私の年齢と経験業界ではそれが関の山です。
そんなことやって過ごすより、自分で事業立ち上げようって、一応、しっかりプランニングだってして、これならいけるだろうって決めたのです。
誇りを持って仕事をしたい。
本気で自分を試してみたいっていうのもあります。
確かに資金面で高い買い物になるかもですが、私にとっては
そういった挑戦が出来るなら、高いとは思いません。
でも結局自分の考えを押し通すことが出来なかった。
度胸無しというか、熱意が欠けていたのかもしれません。
実はまだ、あきらめてはいないのですが。
今年の夏まで決まらなかったら、再び考えるかもしれません。
まさに今が岐路ですね。

Re: そのとおり!

離巣寅夫さん、コメントありがとうございます。

いつもブログを読ませて貰ってます、お互い良い結果を得たいものですね。
起業を計画されたものの、周囲に反対されて翻意したとのこと・・、
思うに起業して成功する人は、周囲の意見を受け容れないでしょう。
これは良い悪いではなく、その人のタイプによると思うのです。
向き不向き・・この違いはかなり大きいのでは?と思うのです。元々勤め人に
なる人は不向きに分類される気がしています。

自分を最後まで信じきれるかどうか・・。固い決意が要ると思うのです。
家族や年齢を考えれば失敗は許されません、その重圧に耐えられるのか?

実際、起業する人はそんな風には考えないかも知れません、上記のように
考える時点で駄目なのかも知れませんね。

まぁ、起業の方法も幾つもあるようなので、自分に合った方法でやれば・・です。

例外を除いて雇われの身では先が知れている・・これだけは事実でしょうからね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。