徒然 2017_0203

「剥き出しの資本主義」なんて表現があったね。米国の超富裕層あたりが、「貧富の差が拡大しようが知ったこっちゃない」とばかりにヤリたい放題稼ぎまくる様を言ったものだと思うが、それがトランプ氏によって国際政治にまで持ち込まれた感じがする。これまでの米国にも傲慢さが見られたものの、モラルというか信義を重んじる姿勢や「リーダーに相応しい国たらん」というのが見えた気がするのだが、それがもう限界なのか「欲望剥き出し」に転換する構えのようだ。

大企業が自分らの保身のために、下請けに無理難題を吹っ掛けたりそれまでの慣習や信義側を一方的に破棄して切り捨てたりするのと似ている。

もう格好付けてられない・・んだろな。反トランプのデモや暴動が起こってるようだけど、大多数の市民は他国からの経済攻勢をなんとかしたいと思ってるんじゃないの?アジア人が裕福な暮らしをしているのを苦々しく見てるんじゃないのかな?

次の世界大戦が勃発するまではこの流れが続くと思う。火種は沢山あるだろう。その後の世界を我々は見ることが出来るのだろうか?

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

Secret