徒然 2017_0329

このブログはリストラ失業した私が、再就職にあたり右往左往している様子を書き綴ったものでした。最近は当時を忘れてどうでもイイようなことばかり書いてますが、ここで今一度、中高年の再就職について書いて置きます。

中高年の再就職は出会いとタイミングが全て。

オンリーワンの特技や華麗な経歴の持ち主は別にして、普通の中高年に再就職の門戸は開かれていないのが常です。ですから一発で良い就職というのは難しく、幾つも当たって良い職場に巡り合うのを粘り強く待つしかないと思います。それでも日々の生活費は要るワケで、嫌だと思う仕事でも辛抱しないとなりません。辛いですがそれはそれと割り切って良い話が来るのを待つ、常にアンテナを張って探し続けるしかありません。そうこうしている内に収まる所へ収まるものです。妥協も必要です。もう自分の出番は終わったと諦めることも必要かも知れません。喰っていければそれでok、ではありませんか。

ブラックで働くなら其れ相応の働き方でイイと思うんです。真面目に律義に働くことはありません、無理なら辞めればいいんです。所詮は使い捨てですし、お互い様と考えましょう。雇用主や周囲の思惑を見抜く眼を養いたいものです。親身になってくれる人にはこちらも誠心誠意の働きで応え、そうでない人にはそれなりの対応で済ませましょう。所詮、中途の中高年は孤独ですよ。昔のように、上司は親・同僚は兄弟同然で何だかんだ言いながらも仲良くやっていた時代のことは良い思い出として仕舞いましょう。

出来れば自分より歳上の人が経営者である職場を探すもの手です。社会には何だかんだ言っても年功序列の面が残っており、年長者に仕えるほうが無理がありません。面接などでは経営者や上司・職場の人たちの年齢を聞きておくべきでしょう。ただ、自分より歳上の人が経営している会社も年を追うごとに減りますからモタモタはできませんが。

採用されたら一生懸命働くことが大切ですが、無理をしても続きませんので自然体でいいと思うんです。それで馴染めなかったらそれまでと諦め、次を探しましょう。自分の自然体が受け入れられるかどうかで、自分の器量というか力が認識できるんじゃないでしょうか。

エリートでもあるまいに、履歴・職歴にキズが・・・なんて考えても仕方ありません。恥を掻こうが馬鹿にされようが喰う為に必要な金が稼げればイイんです。
スポンサーサイト