スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

零細に入るということは

今の時代、ハロワを通じてでは大企業・有名企業どころか中堅以上の会社に入ることさえ不可能です。それらの会社に再就職している中高年は別ルートで入ります、最悪でも民間の人材紹介業者経由でしょう。ですから、ハロワあたりでウロウロしている人が目指すのは、事実上零細以外にありえません。その零細も本当に求人しているか怪しいものであり、従ってなかなか受からないというのが実情のように思います。

さて、零細企業とはどんなものか?私自身の零細での就労経験や周囲の業者などを見ますと、零細企業の多くは社長または中心人物の個人商店みたいなものであり、従業員は単なるスタッフであると言えます。ですから零細に採用されるには、仕事の出来る中心人物からみて扱い易いとか重宝である人材ということになり、スキルだ資格だキャリアだは殆ど関係ないと思うのです。

また、応募の際にも「私はアレが出来ます、コレも出来ます、資格は何々、将来的に云々・・・」などとアピールするより、「黙って働きますんで使ってみてください」のほうが、本音では歓迎されると推察します。

零細の経営者は何だかんだ言っても海千山千であり、長年独力で喰ってきた人間ですから、宮仕えの経験しかない失業者では太刀打ち出来ない所があります。

ですから面接やら書類提出に際しても、お互い表向きは普通のやりとりをさせて貰うものの、完全に頭を下げた状態であることを見せるのも必要かな~と思いますね。

何だか凄く卑屈にならないと・・みたいに書きましたが、零細に入るということはオーナー家族の奴隷になるようなものです、実際。

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。